毎日が母の日
世の中のお母さんたちに、感謝の気持ちを伝えられたでしょうか!
我が家は男子2人なので、母の日のイベントなんてないのですが
でも、よく考えたら 毎日が母の日みたいに思います。
一生懸命に頑張る姿を見せてもらって、働く気力を与えてもらい、ドイツにだって行く勇気をもらったりして。

生活を支えてくれるひとがいてこその毎日でありますが! 今週も、杣喫茶店をどうぞよろしくお願いいたします!
明日朝9時よりお待ちしております。

☆営業時間変更のお知らせ☆
5月17日(水) は14時までの営業 となります。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
空気感
昔からのお客様は、いつも親娘さんでいらして、決まってこのお席に並んで座ってランチを召し上がり、絵本を読んで、にこやかに静かに帰られるのです。

この親娘さんの空気感が大好きで、2人の時間を大切にしていただきたくて あえてあまり話しかけるのを遠慮してしまうのでした。
いつも、ゆで卵の剥いた殻を 茶色の敷き紙にキレイにたたんでしまってくださって ありがとうございます。
初めて来てくださったときから、必ずそうしてくださってるのを
嬉しく嬉しく思っています。




English が話せるようになりたい!
あさが来た!は 毎朝BSプレミアムで録画したものを観るのですが
その次枠の 関口知宏の鉄道旅の番組も気になりだして、毎回観ています。

関口氏。飾らない人柄と毎回ぼっさぼさな ボリュゥムhairが気になりますけど
この頃はベルギーやフランスなど あの辺りを鉄道旅されています。

旅の途中で、英語で周りの方に話しかけるのですが
ヨーロッパの方たちは、母国語の他にも数ヶ国語と自由自在!
まるで伍代さま役のDEANフジオカのよう。

2020年のオリンピック開催国としては
少しでも英語力を身につけておかなくては!!
ぜひ、Olivia先生のEnglish cafeにいらしてくださいね。
22日(金) 13時半〜お待ちしています。
2015年もお世話になりました
2015年も いよいよ年の瀬となりました。杣喫茶店を支えてくださった皆さま本当にありがとうございました。この1年を振り返ってもし私が 漢字一文字に表すならば「経」とします。この1年は、新しい環境の変化についていくのに必死でした。家族を取り巻く環境がガラっと変わり、その対応に母として、喫茶店主としてどうしたらいいか 悩みました。それでも、常に心に置いていたのは 未知の世界を切り開くには 「経験」しかないということ。そして、時間の「経過」が、きっといつか解決してくれるはず!ということ。経験は、私たちの財産となります。時間の経過は 緊張を少しだけ溶かしてくれました。店は、来年も変わらず ゆっくりペースな営業でご迷惑おかけします。来年も、心を込めて豆を挽き、パンを焼き、お菓子を作ります。皆さまのご来店、お待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。 杣喫茶店主 平岡恵里
あめつゆがごとく
昨日、お久しぶりのお客様から嬉しい言葉をいただきました。いろいろな事が 自分の中で滞っていて何もかもに自信がなくてついふさぎがちでした。前向きな言葉を届けてくださり、昨日は雨が一日中しっとりだったのに気分は晴れ渡るようでした。いつも、雨上がりみたいな 爽やかな気持ちを保てたらいいです。あめつゆがごとく昨日は、まさに そんな日でした。ありがとうございました。







節目
image (4).jpg30年前は母親に連れられ、20年前は社会人になったばかりのころに一人で。10年前は長男の手を引き、次男を背負って。今年は、家族はそれぞれ都合があり、一人で出張先から帰る途中に出かけた。70年目の節目の年。夜8時にも拘わらず平和公園には 大勢の人たちが集まっていた。海外の人も多く参列していた。何より子どもたちがたくさんいたことを心強く感じた。
憲法解釈の変更に続き、安保理問題。とんぼ返りの安倍さんには伝わるか?







我が立つ 杣
この頃の わたしの不甲斐なさを察してか お客様から激励の言葉をたくさんいただきます。人生の先輩から いただく言葉に励まされ、元気をいただきます。ご心配くださる皆さま、ほんとうにありがとうございます。先日は、お客様からこんな素敵な本をすすめていただきました。その日のうちに、わたしは書店で求めました。この本の中に、「わが立つ そま」という言葉があります。そま「杣」とは、山の斜面にあるほんの少し平になった場所を指し、修行僧や登山の人たちが ほんのひととき安心して休めるところ と書いてありました。お客様にとって、つかのま安心できる小さな場所でありたいと、思いました。この小さな店は わたし自身にとっても杣でなければ、とも思います。なかなか、至らないことも多く、思うようにいかないのが 現実ですが自分が立ちうる場所(杣)に感謝する、その言葉が いまのわたしに とても刺さったのでした。

















いらっしゃいませ
今年は 鉢植えの苺が とても健やかです。看板横で、お客様をお迎えしています。いらっしゃいませ。










季節到来
DSC_7281.JPGいよいよこの季節がやってきました。
壁には手のひらくらいのクモ。家に棲みつく小さな虫を食べてくれるので、一瞬ドキッとするけれど彼らとは共存しています。おとといはムカデ初日を迎えました。彼らとはさすがに共存はできませんが…。














卒業をまえに
DSC_6139.JPG長男はこの春小学校を卒業。
3月もこの時期になると、日常だった一つひとつのことが最終回を迎えることが多くなってきた。彼はサッカーのおかげでたくさんのコーチや先輩たち、友達にめぐまれた。試合の成績は有終の美を飾ることはできなかったけれど、それでも少しずつ高めてこれた気がする。何より中学生になっても、もっと上手になりたいと上を目指す気持ちでいられることは、これまで関わってくれたみんながいてくれたからこそだと思う。
一緒にプレーした友達とはこれからもどこかでつながっていくと思う。親子ともに感謝の気持ちがこみ上げてくる日々です。



<< NEW OLD >>